2018年4月3日火曜日

Spring BootとFlywayでテーブルなどがあるスキーマに対してマイグレーションを実行する

application.propertiesに下を追加して、既存の状態をバージョン001とすることでマイグレーションが可能になる。
アプリ側のSQLファイルのバージョンは、V002__Create_hoge_table.sqlのようにベースバージョンより大きいバージョンにする。

spring.flyway.baseline-on-migrate=true
spring.flyway.baseline-version=001



なお、デフォルト状態だとFound non-empty schema "PUBLIC" without metadata table!のエラーが出て実行できない。

2018年3月25日日曜日

SQL Serverの計算列

SQL Serverでは、テーブル作成時にカラム名の後にasで計算式を書くことで計算結果をそのカラムに自動的に設定できる。
この計算列は、計算結果が格納されるのでINSERTやUPDATEに含めることはできない。

テーブル定義

create table test
(
  id   int not null
    primary key,
  num1 int,
  num2 int,
  num3 as [num1] + [num2]
)


insertの実行

計算列のnum3は含めずに登録を行う。
insert  into test (id, num1, num2) values (1, 1, 2)

結果の確認

num3には、num1とnum2を元に計算した結果が格納されているのがわかる。
1> select * from test
2> go
id          num1        num2        num3       
----------- ----------- ----------- -----------
          1           1           2           3

(1 rows affected)

2018年3月21日水曜日

Tomcatでポストサイズの上限を設定する

HTTP ConnectorにmaxPostSizeを設定するとポストサイズの上限を設定できるようなので動きを確認してみた。

確認用Servlet

確認用のServletではpostされた内容を標準出力にだしています。
override fun doPost(req: HttpServletRequest, resp: HttpServletResponse) {
    println("Content-Length: ${req.contentLengthLong}")
    println("parameter count: ${req.parameterMap.size}")
    req.parameterMap.forEach {
        println("${it.key}: ${it.value.joinToString(", ")}")
    }
    doGet(req, resp)
}

デフォルト設定で実行

デフォルト設定だと上限が2MBとなるのでエラーなどは発生しないでうまく処理が行われる。
➜  ~ curl http://localhost:8080/sample/hello --data-urlencode "param_key=値" -X POST -i     
HTTP/1.1 200 

サーバの標準出力の内容
Content-Length: 19
parameter count: 1
param_key: 値

maxPoolSizeを指定して実行

conf/server.xmlのConnector部分にmaxPostSizeの設定を追加する。簡単に上限を超えるように設定値は1バイトに。
<Connector port="8080" protocol="HTTP/1.1"
           connectionTimeout="20000"
           maxPostSize="1"
           redirectPort="8443" />

デフォルトの設定だと、クライアントには200が返ってくる。
➜  ~ curl http://localhost:8080/sample/hello --data-urlencode "param_key=値" -X POST -i 
HTTP/1.1 200 

サーバのログを見ると、パラメータが存在しない状態でServletが呼び出されている。
このような場合、リクエストスコープのorg.apache.catalina.parameter_parse_failed_reasonの値(org.apache.tomcat.util.http.Parameters.FailReason)を見ると何が起きたかがわかるらしい。
Content-Length: 19
parameter count: 0

FailedRequestFilterを適用して実行

web.xmlにFailedRequestFilterを追加する。
<filter>
  <filter-name>failedRequestFilter</filter-name>
  <filter-class>org.apache.catalina.filters.FailedRequestFilter</filter-class>
</filter>

<filter-mapping>
  <filter-name>failedRequestFilter</filter-name>
  <url-pattern>/*</url-pattern>
</filter-mapping>

Filterで指定サイズを超えた場合は処理を中断し、413 Request Entity Too Largeが返されるようになる。
➜  ~ curl http://localhost:8080/sample/hello --data-urlencode "param_key=値" -X POST -i 
HTTP/1.1 413 


ちなみにこのフィルターはapplication/x-www-form-urlencoded以外には影響を与えないようです。例えば、application/jsonの場合には下のように正常に処理が終わります。
➜  ~ curl http://localhost:8080/sample/hello -H "Content-Type: application/json" -d "{}"  -i   
HTTP/1.1 200 

2018年3月6日火曜日

Versions Maven Pluginを使ってparentのバージョンを変更する

org.codehaus.mojo:versions-maven-plugin:2.5:update-parent
で参照可能な最新バージョンに変更できる。

parentVersionを使用して、バージョン番号の範囲を指定できる。

例えば、下のように1.0.0か1.1.0のように指定する。
org.codehaus.mojo:versions-maven-plugin:2.5:update-parent -DparentVersion=[1.0.0,1.1.0]

2018年1月31日水曜日

Versions Maven Pluginを使ってバージョン番号からSNAPSHOTを削除する

setゴール実行時にremoveSnapshotにtrueを指定することで、SNAPSHOTが削除できる。
「1.0.0-SNAPSHOT」の場合は、「1.0.0」になる。
mvn org.codehaus.mojo:versions-maven-plugin:2.5:set -DremoveSnapshot=true

2018年1月30日火曜日

Apache Maven Clean Pluginを使ってデフォルト以外のファイルを削除する

Apache Maven Clean Pluginでは、project.build.directoryなどを自動的にクリーニングしてくれるけど、それ以外のファイルをクリーニングしたい場合がある。
その場合は、下のようにconfigurationにfilesetesを指定する。

この例では、「プロジェクトディレクトリ/temp」配下の「*.log」がクリーニング対象になる。
<plugin>
  <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
  <artifactId>maven-clean-plugin</artifactId>
  <version>3.0.0</version>
  <configuration>
    <filesets>
      <fileset>
        <directory>temp</directory>
        <includes>
          <include>*.log</include>
        </includes>
      </fileset>
    </filesets>
  </configuration>
</plugin>

2018年1月27日土曜日

はじめてのjackson-dataformat-xml

jackson-dataformat-xmlのメモ。

使うライブラリ

compile 'com.fasterxml.jackson.dataformat:jackson-dataformat-xml:2.9.4'

xmlに対応したクラスの定義

@JacksonXmlRootElement(localName = "root")
public class Simple {
    
    private Child child;

    public Child getChild() {
        return child;
    }

    public void setChild(final Child child) {
        this.child = child;
    }

    @Override
    public String toString() {
        return "Simple{" +
                "child=" + child +
                '}';
    }
}

public class Child {
    @JacksonXmlText
    private String text;
    
    @JacksonXmlProperty(isAttribute = true)
    private String attr;

    @Override
    public String toString() {
        return "Child{" +
                "text='" + text + '\'' +
                ", attr='" + attr + '\'' +
                '}';
    }
}

xml→Java

XmlMapperのreadValueを使う
final String xml = "あたい";
final XmlMapper xmlMapper = new XmlMapper();

final Simple simple = xmlMapper.readValue(xml, Simple.class);
System.out.println("simple = " + simple);  // simple = Simple{child=Child{text='あたい', attr='hoge'}}

java→xml

final Simple input = new Simple();
final Child child = new Child();
child.text = "値";
child.attr = "属性";
input.child = child;
System.out.println(xmlMapper.writeValueAsString(input)); // 

kotlin data classを使う

以下を追加する。
compile 'com.fasterxml.jackson.module:jackson-module-kotlin:2.9.4'

KotlinModuleを有効化することでdata classを使えるようになる。
@JacksonXmlRootElement(localName = "r")
data class Hoge(val hoge:String)

val xmlMapper = XmlMapper()
xmlMapper.registerModule(KotlinModule())
println(xmlMapper.writeValueAsString(Hoge("fugafuga")))